スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわり書房の日常 『ひまわりさん』が発売した件について

110122ひまわりさん (1)
月刊コミックアライブに不定期連載していた菅野マナミ『ひまわりさん』(Amazon)が22日、発売となった。帯には『俊英、菅野マナミが贈る珠玉の連作集。 今日も、彼女はきっと迎えてくれる。』とあり、コミックアライブ編集部ブログによると『ひまわり書房という古めかしい本屋さんを舞台に、店主の「ひまわりさん」とお店に通う少女「まつり」を中心にした本にまつわる読み切り形式の連作集。優しい雰囲気で日常を描く1作となっています。』とのこと。エロ本屋じゃないし、小学生店員もいないけど魅力溢れる本屋、ひまわり書房。まだ何かと謎の多い店長ひまわりさんのお話は続きを読むからどうぞ↓↓↓



110122ひまわりさん (2)

MFコミックス『ひまわりさん』発売


110122ひまわりさん (6)

裏表紙と折り返し



月刊コミックアライブで不定期連載していた『ひまわりさん』が22日、発売となった。著者は『菅野マナミ』氏。コミックアライブ編集部ブログによると『ひまわり書房という古めかしい本屋さんを舞台に、店主の「ひまわりさん」とお店に通う少女「まつり」を中心にした本にまつわる読み切り形式の連作集。優しい雰囲気で日常を描く1作となっています。』とのこと。

帯には『俊英、菅野マナミが贈る珠玉の連作集。今日も、彼女はきっと迎えてくれる。』、帯裏には『ツンツン女子高生、生意気な小学生、妹、作家のお兄さん…いろんな人を巻き込んで(巻き込まれて?)ひまわり書房は今日も絶賛営業中。学校の真ん前に建つ、古くて小さな本屋さん「ひまわり書房」。クールでドライな店長・ひまわりさんと、ひまわりさんが大好きな女子高生・まつり。二人を中心に紡がれる、どこか懐しい、ゆるゆるふわふわな日々。』

110122ひまわりさん (4)


学校のまん前に建つ古くてちいさな本屋さん「ひまわり書房」。店主の「ひまわりさん」がいつでも迎えてくれるその書店に、今日も誰かが尋ねてくる…。本と本屋に集まる人たちをめぐるハートフルストーリー。

新鋭が贈るハートフルで繊細な1作。注目してほしいのはなんと言ってもその画力。背景やキャラを含め、とにかく絵がうまい。ストーリーと相まって、やさしい世界に浸れること間違いなしの注目作です!(書籍ページより)


ひまわり書房の店長だから「ひまわりさん」。どちらかと言えばその「ひまわりさん」が大好きな女子高生「まつり」の方が表情が豊かでひまわりっぽいです。『2巻が出るかでないかは皆様の応援次第!』とのことですがまだ本名すら明らかになっていない謎多きひまわりさん。いくつなんだろうか。2巻出るよね…?

110122ひまわりさん (5)



編集部ブログではひまわり書房のブックカバーや販促用POPがダウンロード可能。ひまわり書房のブックカバーをかけると『超書店っぽい感じになります』とのこと。著者の「菅野マナミ」さんもブログで『すごくないですか!すごいですね・・・!デザイナーさんが作って下さったんですよ~~~~~~!可愛くて感動しました!ひまわり書房のブックカバーがこんなにオシャレだったなんて・・・!』とコメントしています。



【関連リンク】
月刊コミックアライブ / ひまわりさん商品ページ
菅野マナミさんのブログ「Pi.Pi.Pi」
コミックアライブ編集部ブログ
COMIC ZIN特典「イラストカード」




ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)
菅野 マナミ

メディアファクトリー

Amazonで詳しく見る

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。