スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回講談社BOX新人賞Powers受賞作品『マージナルワールド』が発売した件について

110105マージナルワールド (1)第4回講談社BOX新人賞 Powers受賞作品『マージナルワールド』(Amazon)がゲーマーズ、アニメイトに入荷してた。帯部分には『彼女は死んだ。中二病を拗らせて。』とある。圏外とは逆の「圏内」という世界があって、そこで繰り広げられるSFロボットものみたい。詳細は続きを読むからどうぞ↓↓↓


第4回講談社BOX新人賞 Powers受賞作品『マージナルワールド』が発売

110105マージナルワールド (1) 


著者は「湊利記」氏。BOXから取り出すとこんな感じ

110105マージナルワールド (6) 

BOXに穴が2つ空いてるパステルカラーの本が置いてあったらPowers受賞作品だなって思うようになってきた。

イラストは現在コミックREXで『アザナエル The Case-Book of ENA』を連載中の「村崎久都」氏。


帯部分には『彼女は死んだ。中二病を拗らせて。』

110105マージナルワールド (2) 

BOX裏

110105マージナルワールド (3) 

『表向きは普通の大学生。しかしその実体は、異世界で巨大ロボットを操り人類の敵を倒すエージェント――
自分の携帯の番号にその携帯で電話を掛けると行けるという、「圏内」と呼ばれる異世界。大学生の光宮はそこでアガシオンと呼ばれる巨大ロボットに乗り込み、日夜BAGsと呼ばれる敵と戦っていた。すべてはかつて恋した仲間・嘯樹のカタキ、水嶋を殺すために。そんなある日、光宮は圏内に「いるはずのない」謎の少女と出会い……!?
「駄目よ、戦わなきゃ。現実と」』


作者からのコメントには『巨大ロボットに能力バトル
サイケ調のサイバーパンクな異世界にファンタジーなギミックを少々
自分が好きな物を全部放り込んで、ぐつぐつ鍋で煮込んだような作品
若干コンロが旧式で鍋奉行素人同然でありますが、
個性的というかくせ者揃いのキャラクター共々、
どうかよろしくお願いします!!』


講談社BOX新人賞Powers第四回座談会には『簡単なあらすじを言いますと、電波の悪いところだと普通携帯は「圏外」と表示されますよね。ですが電波がよすぎる「圏内」という世界があって、自分の携帯番号に自分の携帯から電話したらその世界に繋がって行けるんです。そこで繰り広げられるスーパーロボット大戦ものです。』や『いきなり異次元に飛んだりするよりは、身近なツールを使って行けるっていう設定が面白いなあと思いました。』といったコメントがある。


いつものように試し読みができるので、SFロボットものが好きな人は読んでみてください。

110105マージナルワールド (4) ゲーマーズ 110105マージナルワールド (7) キャラクター
 


【関連リンク】
講談社BOX / Powers BOX
マージナルワールド 湊利記 講談社
著者&イラストレーターからのコメント / 試し読み / 第四回座談会
著者 湊利記氏ホームページ「喫茶湊屋」
イラスト 村崎久都氏のホームページ「彼女の王国」

【関連記事】
【レビュー】第2回講談社BOX新人賞Powers受賞作『コロージョンの夏』を読み終えた件について
1000ページ超!講談社BOX『神戯』が発売した件について

マージナルワールド (講談社BOX POWERS BOX)マージナルワールド (講談社BOX POWERS BOX)
湊 利記,村崎 久都

講談社 2011-01-06
売り上げランキング : 9697

Amazonで詳しく見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。